進学塾で働きたい!仕事内容についてご紹介

進学塾講師の仕事を知ろう

進学塾講師の仕事は、高時給のバイトとしての人気は抜群です。週1回から働けるシフト制を採用しているところもありますし、働きやすさとしても抜群です。塾の規模によって何をするのかは異なりますが、メインとしては集団、あるいはマンツーマンでの生徒に勉強を教えることになります。それ以外にも授業後には生徒の質問に答えることもありますし、保護者への対応も行います。さらにはテストの採点、成績管理といった仕事も行われます。

塾講師の学習指導は、受験対策を中心とした学習指導です。指導形式は、集団指導もあれば、グループ指導、チューターといったものがあります。塾講師バイトは、中学や高校、それに大学受験に合格をしたいという生徒の受験対策となります。さらに、生徒の内申点をアップさせることを目的として、学校の授業の予習や復習のサポートも行いますし、中間テストに期末テストといったところで良い成績を取ることも重要な仕事となります。

塾講師は、授業の形態によって分かれます。学校の授業のように多くの生徒をまとめて指導する集団指導、1人から3人程度の授業を行う個別指導があります。集団指導は黒板やホワイトボードを使いながら一斉に教えるという授業形式で、個別指導は塾で家庭教師のように教えます。それぞれが教え方が異なるという特徴もあります。

このサイトでは、こうした点について詳しく、塾講師として働くメリットなどについて触れていきます。ぜひチェックしてみて欲しいところです。